【町民・市民勉強会】みんなで学ぼう風力発電!四万十川にいる?いらない?

【patagonia環境助成金プログラム受諾事業】

みんなで学ぼう風力発電!四万十川にいる?いらない?

〜風力発電所の足元からの報告〜

講師 市川守弘弁護士

日時 2019年9月7日 9時〜11時

場所 四万十町役場東庁舎2階 町民活動支援室

参加費無料申し込み不要託児をご希望の方はご連絡ください

お問い合わせ
 shimanto.furusato@gmail.com


わたしたちのふるさと四万十川を見下ろす尾根沿いに、国内最大級の大規模風力発電所の計画が、オリックス(株)により進められています。

計画書によると、高さ120メートルの巨大風車を最大49基建設し、147,000キロワットの発電量を目指すと書かれています。

これまでに、地元選出の武石県議が県議会本会議で景観に対する懸念を質問したばかりか、四万十町議会においても、武田議員や村井議員から計画への懸念や疑問の声があがっています。

また、高知県知事を始め、環境省や高知県環境影響評価技術審査会からも景観への影響を配慮するよう意見書が出されています。

この巨大風車が建ち並び、低周波・超低周波音が響くとき、ふるさと四万十は、山と川の生き物と私たちの暮らしは、一体どう変わるのだろう?

全国各地の事例に詳しい市川弁護士をお招きして、勉強会を開きます。 みなさんの素朴な質問を、投げかけてください。

風車建設後の暮らしを想像してみましょう。

チラシをダウンロードする